<国内産複数原料米>金芽 ロウカット玄米 2017年07月27日更新

この品種のレビュー

  • マクロビオティックの救世主

    津田 慶彦
    さらに見る

白米感覚で食べる玄米。表面の蝋「ロウ」層を除去「カット」した新しい玄米。玄米の栄養そのままで、炊き方・食感・消化性は白米と同じ。

今から四百年前(元禄時代以前)のお米は精米技術が未発達だった事もあり、ほとんど玄米に近い状態だが柔らかくて消化性が良く、健康に良い理想的な食べ物だったと云われております。この元禄時代のお米を、金芽米の手法を応用することで、更に進化させ、お米に薬機能を実現させた「金芽ロウカット玄米」ができました。

※玄米であるため、硬さ粘り計での測定は行っておりません。

産地 国内産複数原料米
米の品種・銘柄 複数原料米
特徴 食べやすい玄米, 玄米の栄養価, しっかりした粒, 粒ぞろいがいい, コシがある, 歯ごたえがある

この品種のレビュー

  • マクロビオティックの救世主

    津田 慶彦
    さらに見る

<粘り・硬さ計 物性値グラフ/用語説明>

硬さご飯の硬さ。数値が大きいほど硬い。
粘りご飯の粘り。数値が大きいほど粘りがある。
バランス粘り/硬さの数値、数値が大きいほど軟らかく粘りがある。
弾力性ご飯の弾力。数値が大きいほど弾力がある。

販売サイトはこちら

公式サイトへ

このお米に対する皆様のコメントを募集!

投稿内容については編集部のほうで公正中立基準に審査し、疑わしい投稿については公表を控えさせて頂きます。
投稿から掲載につきましてもお時間を要する可能性がございます。
投稿していただいた方のプライバシーは厳守致します。

コメント一覧